「アルパカやっこ」をつくりたい

アルパカやっこ

 とうふはシンプルで美しい。でも、シンプルすぎやしないか? とうふというまっさらなキャンバスに、何か描けないだろうか。そこで頭にうかんだのは、かわいさのかたまり「アルパカ」だ。


とうふというキャンバスに絵筆はいらない。竹串としょうゆがあればいい。

アルパカやっこの材料

 とうふに竹串をいれ、ゆっくりとアルパカのボディを描く。アルパカのもふもふ感が出るように、竹串をカーブさせていく。目はしっかりと入れ、口元はにっこり。笑顔のアルパカがかけた。

アルパカやっこ

 だがこれで終わりではない。最後にアルパカに魂をふきこむため、しょうゆをたらす。じわ~っ。すると白いキャンバスの向こうから、アルパカがあらわれた。冷ややっこならぬ、「アルパカやっこ」誕生の瞬間だ。

アルパカやっこ

アルパカやっこ

アルパカやっこ

アルパカやっこ

アルパカやっこ

アルパカやっこ

 ありがとう「アルパカやっこ」。つぶらなひとみにいやされたぞ。

関連記事