【ヒットの予感】広島のふしぎな新食感おかし「れもんげ」がしゅわしゅわ

広島のおかし「れもんげ」

 ふわ、サク、しゅわ~。広島のふしぎな名前のおかし「れもんげ」。口にふくむと、なぜ「れもんげ」なのか分かる。ふわふわでサクサクでしゅわしゅわとけていく。「れもん+めれんげ」だから「れもんげ」なのだ。


「れもんげ」をつくっている「とびしま柑橘工房」によると、「れもんげ」は広島の新鮮なレモンと米、国産のさとうと地元の卵白だけをつかった、こだわりの商品だとか。たまたま本屋のフェアでみかけ、買ってみる。

 かわいいパッケージをあけると、スライムみたいな形の「れもんげ」たちが出てくる。手のひらにのせると、またかわいい。

広島のおかし「れもんげ」

広島のおかし「れもんげ」

広島のおかし「れもんげ」

広島のおかし「れもんげ」

 口に入れるとふわふわで、かむとサクサクしている。でもすぐにしゅわしゅわととけていき、レモンのあまずっぱさが広がる。さわやかでおいしい!

 広島のおかし「れもんげ」。かわいくて味もユニーク。おみやげにもぴったりで、広島の新名物になりそうだ。

「れもんげ」

値段 350円(税別)
販売店 銀座1丁目の広島ブランドショップTAU
通販「とびしま柑橘工房」サイト内のFAXオーダー

関連記事