ゴジラは「新宿区民」

ゴジラの住民票

 ゴジラが新宿区民になるらしい。本当かどうか「ゴジラの住民票」を確認するため、新宿区役所にむかう。新宿駅から歌舞伎町に入ると、ビルの上からゴジラヘッドがまちを見下ろしている。


新宿歌舞伎町のゴジラヘッド

 新宿区役所につき、勇気をもって職員にたずねる。「ゴジラが新宿区民になるそうですが、住民票はありますか?」「あっ、ゴジラの住民票ですね。こちらです」。ついていくと、職員のおじさんがあっさりゴジラの住民票をくれた。現物の写真がこちら。

ゴジラの住民票

ゴジラの住民票

ゴジラの住民票

 新宿区長の印があるので、本物の住民票だ。住所は「東京都新宿区歌舞伎町1-19-1」で、ゴジラヘッドの住所になっている。生年月日は「昭和29年4月9日」。映画「ゴジラ」第一作目の公開日。新宿区民となった日は「平成27年4月9日」。ゴジラヘッドが公開された日だ。

 ゴジラを住民とした理由は「新宿東宝ビルに建設されたゴジラヘッドが、歌舞伎町の新たなシンボルとなり、まちの魅力を世界に発信し、世界中の人が集い、楽しむまちを見守り続けるため」。

 ちなみにゴジラが新宿に来たのは「3回」。映画「ゴジラ」(1984)、「ゴジラvsキングギドラ」(1991)、「ゴジラ2000ミレニアム」(1999)の3回。新宿駅や都庁を破壊している。

 ゴジラは本当に新宿区民になっていた。歌舞伎町の用心棒として、ぼったくりの客引きを見つけたら、炎で焼きつくしてほしい。

関連記事