【村上春樹新刊】神保町の「三省堂書店」が「村上春樹堂」に変わってる!

三省堂が村上春樹堂に

 神保町の三省堂書店に行って驚いた。店の名前が「三省堂」から「村上春樹堂」に変わっているのである。その写真をご覧いただこう。


 ふだんの三省堂書店はこんな感じ。

普段の三省堂書店

 そして変身した「村上春樹堂」がこちら。

三省堂が村上春樹堂に

三省堂が村上春樹堂に

 う~ん、すごいインパクト。写真を撮っている人も多い。名前が変わったのは、村上春樹の新刊が今日発売だからだろう。3年ぶりの長編なので、プロモーションに力を入れているのだ。店の中に入ると、新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のタワーが! 書名も長いがタワーも長い!

村上春樹の新作タワー

村上春樹の新作の色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

 本屋の名前さえも変えちゃうんだから、やっぱり村上春樹はすごい。

話題の村上春樹の新刊
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
【三年ぶり新刊】 色彩を持たない 多崎つくると、 彼の巡礼の年 【村上春樹】

関連記事