もうすぐ閉店の新宿「ジュンク堂」がすごい

本音を言えばこの本を売りたかったフェア

※この記事は新宿「ジュンク堂」閉店前に書かれたもので、現在は閉店しております。当時の雰囲気を伝えるため、記事はそのまま残しておきます。
____

 新宿の本屋「ジュンク堂」が3月いっぱいで閉店するという。新宿の「ジュンク堂」は僕も本を買ったことがあるのでさみしい。閉店する前に行かなくては! 店に入ると、書店員さんの熱い気持ちが伝わってきた。

もうすぐ閉店する新宿「ジュンク堂」

閉店した新宿「ジュンク堂」

新宿ジュンク堂閉店のお知らせ

 新宿の「ジュンク堂」は、三越の6階から8階まで。まず6階社会のフロアに行くと、「社会科学担当者が本当に売りたかった本」というフェアが目に飛び込む。文字通り担当者が本当に売りたかった本が、棚に並べられている。驚いたのは、すべての本に手書きのポップが付いていることだ。店員さんの本への愛情が炸裂している。

社会科学担当者が本当に売りたかった本フェア

社会科学担当者が本当に売りたかった本フェア

閉店した新宿「ジュンク堂」

 6階のフェアはこれだけではない。レジ前の棚には、「ホント本屋が好き」というメッセージがカラフルな紙で手張りされている。並んでいるのは、本屋にまつわる本。閉店まぎわにふさわしいフェアだ。

ホント本屋が好きフェア

ホント本屋が好きフェア

 7階文芸フロアにあがると、大きな「ありがとう」の文字。棚に近づくと「新宿店スタッフが感謝をこめてお客様にオススメしたい一冊」とある。ずらりと並んだ本には、またも全てに手書きのポップがびっしり付いている。ポップに引き寄せられ、多くの人が見入っていた。

ありがとう

新宿店スタッフが感謝をこめてお客様にオススメしたい一冊フェア

棚にはポップがびっしり

本にはポップがびっしり

棚に見入る人々

 7階には他にも面白いフェアがあった。それは店員さんがまだ読んでない本をポップで紹介するものだ。ひとつ紹介しよう。

書名『人生論ノート』
わたしはこの本を2回買った。そして5回ぐらい読もうとしてその度に投げだした。
社会担当 I

閉店した新宿「ジュンク堂」

『人生論ノート』ポップ

7階のフェアはまだ終わらない。「本音を言えば、この芸術書が売りたかった!!」というフェアの棚がある。映画本や写真集など、ポップ付きの本がずらっと並んでいて、すごい迫力。

本音を言えば、この芸術書が売りたかった!!」フェア

店員さん手書きのポップ

 最後の8階にエスカレータで上がると、そこは著者のサイン色紙で埋め尽くされていた。絵本作家のサインなので、どれもかわいい。絵本のフェアは変わっていて、「店員から作家へのラブレター」だという。著者のイベントが多い「ジュンク堂」らしい、作家への愛があふれる棚だ。

著者のサイン色紙で埋め尽くされていた

閉店した新宿「ジュンク堂」

店員から作家へのラブレター

並べられた本には作家へのメッセージが

 最後に7階のフェアにあった本と、ポップを紹介しよう。

書名『「本屋」は死なない』
新宿店は閉店ですが「本屋」は死にません!
社会担当 清水

本屋は死なない

新宿店は閉店ですが「本屋」は死にません!

 書店員さんのメッセージを読んで感じた。「ジュンク堂」の店員さんは本当に本が好きで、本屋が好きなのだと。手書きのポップを読むうちに、書店員さんを身近に感じられた。僕も本屋が好きだ。お近くの方は閉店前にぜひ行ってみてください。

『ジュンク堂 新宿店』
住所:〒160-8455
東京都新宿区新宿3-29-1  新宿三越アルコット6F~8F
電話: 03-5363-1300 / FAX: 03-5363-1301
営業時間: 11時~21時
定休日:  3月31日まで通常通り 3月31日 21:00をもって閉店
取扱商品: サービス: 和書、洋書、コミック、カフェ

関連記事

コメント

  1. アルベルト より:

    日本に着いた時から、一番好きな本屋さんだった!!!!!本当に寂しい。:(