出版関係者悶絶? マンガ「飯田橋のふたばちゃん」がヤバい!

飯田橋のふたばちゃん

「飯田橋のふたばちゃん」というマンガが話題と聞いて、さっそく買ってみた。「飯田橋のふたばちゃん」とは、出版社を擬人化した4コマギャグマンガ。読んでビックリ、キャラは萌え系だが、ギャグはブラックだ。


 たとえばおそらく集英社がモデルの集英ちゃんは、「10回デートして結果が出ないなら打ち切りね!」と何でもジャンプの打ち切りシステムにするし、人気が出ないふたばちゃんに「とりあえず手を伸ばせ」とワンピース的アドバイスをする始末。

飯田橋のふたばちゃん

飯田橋のふたばちゃん

飯田橋のふたばちゃん

 どう見てもエヴァな角川ちゃんは、隙あらば巨大な角川グループに入れようとする。

飯田橋のふたばちゃん

 他にもなぜか物を失くす小学ちゃん、何かと「デンプシーロール」を放つ講談ちゃん、映画の話になると落ち込むスクエミちゃんなど、各社のヒット作や黒歴史をこれでもかといじっている。

飯田橋のふたばちゃん

 ネタ的にはギリギリだが、絵柄がかわいいから許される……のか? 面白かったけど。

飯田橋のふたばちゃん 1巻
飯田橋のふたばちゃん 1巻

関連記事