「じゃがりこ」の名前の由来はりかこさん

IMG_7063

 カルビーの人気スナック「じゃがりこ」。その意外な名前の由来をご存じだろうか。公式サイトにはこう書かれている。

「じゃがりこ」の名前の由来とは?

「じゃがりこという名前は、新しくできたじゃがいものお菓子を、開発担当者の友人がおいしそうに食べている姿を見て思いつきました。その友人の名前は、リカコ(利加子)さん。そこで、じゃがいもりかこ→じゃがりかこ→じゃがりこ、となりました」

 なんとびっくり、じゃがりこの「りこ」は、りかこさんという人の名前からきていたのである。商品名に友人の名前を入れるとは驚いた。いかすぜカルビー。しかしこの説明にひとつ疑わしいところがある。ネット上ではりかこさんは開発者の友人ではなく、彼女だという説があるからだ。

 彼女の名前を商品に付けるなんて。ロマンチックすぎるぜカルビー。この「りかこさん彼女説」には、それを裏付けるキャラクターがいる。じゃがりこのパッケージにのっているキリンの「りかこ」と「じゃがお」である。

01

 なんとこのキャラクターたちは結婚しているのだ。ますます「りかこさん彼女説」が有力になってきた。やはり二人はキリンの「りかこ」と「じゃがお」のように結婚したのではないか?

 気になって仕方ないので、「りかこさん彼女説」についてカルビーお客様相談室にメールで問い合わせた。おかしな質問にもかかわらず、担当者の方は丁寧な返事をくれた。核心部分についてはこう答えてくれた。

「キリンのりかことじゃがおは夫婦ですが、 実際の二人につきましては、残念ながら私どもは友人と聞いております」

 りかこさんは開発者の彼女で結婚したという答えを期待していたので、すこし残念だった。でもこれが現実。ロマンチックな出来事はめったにないものだ。でも、それでも僕は「りかこさん彼女説」を信じている。そしてこんな妄想をする。

 タカシは仕事帰りにコンビニに立ち寄った。おかしコーナーの前を通り過ぎると、赤、青、緑のパッケージが目に入る。昔自分が開発した「じゃがりこ」だ。手に取るとパッケージにはキリンのキャラクター「りかこ」がおいしそうにじゃがりこを食べている。タカシは目を細めた。「りかこ、今も元気でやっているかな。俺はなれなかったんだよな、じゃがおには」

 りかこは息子とスーパーにきていた。息子は走りだし、おかしコーナーの前で何やらさけんでいる。「お母さん、じゃがりこ買って!」じゃがりこ。その名前を聞くたび私はドキッとする。なぜならじゃがりこは昔付き合っていた彼が作ったおかしなのだから。

 信じてもらえないだろうが「じゃがりこ」という名前は、彼が私の名前「りかこ」をもじって付けたのだ。当時は嬉しさのあまり、大量買いして毎日食べた。彼とは結局別れてしまった。その後今の夫と結婚し子どもにも恵まれた。もちろん、夫にはじゃがりこの名前の由来は内緒だ。あっ、息子がじゃがりこ持ってきた。

「お母さん、じゃがりこ買っちゃだめ?お母さんはじゃがりこ嫌いなの?」
「ううん、私も好きよ」

●関連リンク
カルビー公式サイト じゃがりこQ&A

あなたにおすすめ!関連記事