毎月22日は「禁煙の日」。ダジャレなのに深い理由とは?

毎月22日は禁煙の日

 世の中には色々な記念日があるが、毎月22日が「禁煙の日」なのをご存じだろうか? でもなぜ22日が「禁煙の日」なのか? ヒントは「スワンスワン」。

毎月22日が「禁煙の日」の由来

「禁煙の日」を定めた「禁煙推進学術ネットワーク」によれば、「スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!をスローガンに、毎月22日を「禁煙の日」とした」とのこと。
 
 つまりこういうことだ。

 数字の2が白鳥に見える → 白鳥は英語でスワン → スワン=吸わん →22日=吸わん吸わんで「禁煙の日」

 完全にダジャレである。ただ「スワン(吸わん)」なら、毎月2日でもいいはずだ。だが22日なのに深い理由がある。「禁煙の日」のサイトには、2羽の白鳥が寄り添うシンボルマークがのっている。たばこをやめるのは、一人では難しい。寄り添ってくれるパートナーが大切。だからスワンも一匹ではなく、二匹。それで2日ではなく22日なのだ。

毎月22日は禁煙の日

 毎月22日は「禁煙の日」。そこにはダジャレと深い理由があった。

関連記事