「仁丹のど飴」が再発売されたのは、歌手森山良子のおかげ

仁丹のど飴

 テレビ番組「スマステーション」で、「仁丹のど飴」が再発売された理由を紹介していた。「仁丹のど飴」が再発売されたのは、歌手森山良子のおかげだというのだ。


 「仁丹のど飴」は値段が高かったこともあり、売上は伸びず販売休止になってしまった。それを知った森山良子は、愛用していたのど飴を復活させたいと、同じく歌手の矢野顕子との連名で、仁丹の社長に再販売を直訴する手紙を送る。仁丹のサイトに掲載されている手紙の文面がこちら。

 この度、「鼻・のど甜茶飴」の製造中止を耳にし、同じ愛用者の歌手仲間に伝えたところ、「ええっ、そうなの?それは困るわ」「そうでしょ。すごく悲しいでしょ。こんな良い飴が買えなくなるなんて」とひとしきり、この飴が私どもの歌手生活をどれほど大きく支えてきたかを語り合いました。
 この飴の良さは、頻繁にのどを使う私たちのような仕事でなければわからないかもしれません。製造中止と聞き、海外のものも含め同等品を探してみましたが、どれも敵いません。
 これほどまでに優れている「鼻・のど甜茶飴」は、私たちのお守りのような存在であり、「この飴なしではこの先どうする?」という状態です。社長様、なんとかまた再販売していただけますことを、こころより厚く強くお願い申し上げます。

森山良子 矢野顕子

 この手紙を受け取った仁丹の社長は、社内に検討するように指示し、再販売が決まったという。今ではネット通販で買えるのと、再販の立役者である森山良子のコンサート会場でも買えるそうだ。プロの歌手の熱意が企業を動かした、いい話である。

潤いながら、メントールでスッキリと鼻抜けも!!鼻・のど甜茶飴 5袋セット【送料無料】【のど...

潤いながら、メントールでスッキリと鼻抜けも!!鼻・のど甜茶飴 5袋セット【送料無料】

あなたにおすすめ!関連記事