1歳の子どものプリティポイント

 うちの息子は1歳なんですが、かわいいのなんのって。そんな1歳ならではのプリティポイントを発表します。

プリティポイントその1
つたないしゃべり

 1歳半くらいから徐々に言葉をしゃべり出したのですが、まだはっきり発音することはできません。だがそれがいい。それがかわいいのです。例えばうちの息子はみかんのことを指さして「あかん!」と言います。かわいいのでもうずっと「あかん」で通してほしいです。
 あと最近ただいまと言うと「かえり~」と言ってくれるのもたまりません。

プリティポイントその2
プリップリのお尻

 息子のお尻は筋肉が引き締まっていて、プリップリのプリケツ。一切たれてません。おまけに肌はすべすべ。ここまでくると単なるお尻ではなく、国宝です。いっしょに風呂に入ったら、必ずもませてもらってます。また、すっぽんぽんの息子の尻を顔面にダイレクトに乗せると、もちもちぷりんっ! という感触を顔全体で味わうことができるのでおすすめです。

プリティポイントその3
ムッチムチの太もも

 太ももは程よく脂肪が付いていて、ムッチムチ。それでいて弾力もエグいので何度ももみほぐしてしまいます。

プリティポイントその4
すべっすべのほっぺ

 大人のザラついた肌とは違い、子どもの肌はつるっつるのすべすべ。まるで薄い粉で覆われた最高級の大福のよう。暇さえあれば息子のほっぺをチュッチュ&もみもみ。妻に至ってはチューではなく、ほっぺを思い切り吸っていることも。子どものフェイシャルマッサージなら何時間だってできます。

プリティポイントその5
真剣なまなざし

 子どもはいつだって全力投球。初めて見る物に対しての真剣なまなざしにグッときます。それが例え全く面白くないユーチューバーの動画だとしても、真剣に見つめているのです。その瞳に惚れます。

プリティポイントその6
笑顔

 子どもの笑顔を想像するだけでにやけます。あはは! と声を出して笑ってくれたら最高。一生懸命息子の笑いのツボを探します。ああ、もっともっと笑わせるからパパに笑い声を聞かせておくれ!

……おっ?

関連記事