【閉店】【神保町ランチ】人気のアボカド専門店「アボカフェ+」の「アボカドカレー」がおいしい

e542a174[2]

東京の神保町に、人気のアボカド専門店「アボカフェ」2号店ができたと知り、ランチにさっそくいってみる。2号店は「アボカフェ+(プラス)」という店名で、場所は神保町から歩いて10分くらいのところ(旧なごかふぇ)。アボカド専門店はめずらしいのでたのしみ。

東京神保町 アボカド専門店の「アボカドカレー」

ランチタイムに「アボカフェ+」に入ると、ゆっくり時間が流れているようなふんいき。禁煙なのもうれしい。ランチメニューは「やみつきスパム丼(950円)」「アボカフェタイカレー(850円)」「日替わりランチ(1000円)」。もちろんどのメニューもアボカド入りだ。

東京の神保町で人気のアボカド専門店「アボカフェ+」

今回は定番メニューの「アボカフェタイカレー」をオーダー。アボカドたっぷりでウマそう。

e542a174[2]

神保町のアボカド専門店「アボカフェ+」のアボカドカレー

神保町のアボカド専門店「アボカフェ+」のアボカドカレー

カレーはタイのレッドカレーだが、ルーは甘め。ただ油断しているとピリっと辛さがくる。食べるたびに、ふわっとココナッツのいい香りがする。アボカドは完熟で、やわらかくて濃厚。なにげにルーがたっぷり入っているのがうれしい。タイカレーにアボカドって合うんだな、知らなかった。

デザートはアボカド+アイス+しょうゆ

カレーのあとにはデザートがほしい。気になるメニュー「アボカドバニラしょうゆ(500円)」をたのんでみる。でてきてビックリ、アボカドの中にバニラアイスがもられている。しかもしょうゆをかけて食べるという。

神保町のアボカド専門店「アボカフェ+」のアボカドアイスしょうゆ

どんな味なんだろうと思いつつ、しょうゆをかけてひとくち。「おっ、みたらし」。なぜか分からないが、バニラアイスにしょうゆをかけると、みたらしの味がする。濃厚なアボカドに冷たいバニラアイスがよく合って、おいしい。

神保町「アボカフェ+」は、アボカドといろいろな料理の組み合わせがおもしろくて、しかもおいしい。店も落ち着けるふんいきなので、おすすめのカフェだ。

「アボカフェ+(プラス)」

住所 東京都千代田区神田神保町1-54-19
電話 03-3291-7577
地図

あなたにおすすめ!関連記事