【神保町ランチ】焼きそば専門店「みかさ」の自家製麺やきそばが激ウマ!

神保町「みかさ」の焼きそば

 焼きそばマニアの聖地と呼ばれる店が、東京の神保町にある。それが焼きそば専門店「みかさ」だ。今ではランチタイムには行列のできる人気店だ。創業昭和59年、焼きそば一筋の「みかさ」の焼きそばは、今までに食べたことのない焼きそばだった。何がすごいって、麺が太くてコシがめちゃくちゃ強いのだ。初めて口に入れたとき、ラーメン二郎の麺かと思った。

神保町ランチ 焼きそば専門店「みかさ」の自家製麺やきそば

神保町「みかさ」の焼きそば

 それもそのはず、「みかさ」の麺は店の中にある製麺機でつくっている自家製。焼きそばの自家製麺なんて聞いたことがない。しかも注文が入ってから生麺をゆで、それを炒めて提供しているのだ。

 熱々の焼きそばはなんともウマそう! 半熟たまごがたまらん!

神保町の焼きそば専門店

神保町「みかさ」の焼きそば

神保町「みかさ」の焼きそば

神保町「みかさ」の焼きそば

 オーダーした焼きそばは、エビイカ入りの大盛りで850円。並盛と大盛りが同じ値段なのが嬉しい。注目すべきはやはり麺。太いちぢれ麺はもっちもちで、濃いめのウスターソースによくからむ。

神保町「みかさ」の焼きそば

神保町「みかさ」の焼きそば

 具の豚肉はカリカリで、焼きそばとよく合う。ねぎはシャキシャキでいいアクセントになっている。卵はふわふわ半熟で言うことなし。はしを持つ手が止まらない! あっという間に完食。

 神保町の焼きそば専門店「みかさ」は、リピート確実の名店だった。

あなたにおすすめ!関連記事