金魚とアートの融合!東京・日本橋「アートアクアリウム」感想レポート!

アートアクアリウム展の大奥

 金魚とアートが融合した展覧会「アートアクアリウム」がネットで話題だ。これは自分の目で見るしかない! ということで東京・日本橋の「アートアクアリウム展」に向かう。


 場所は半蔵門線「三越前駅」と直結している「コレド室町」の4階。当日券のチケット(1000円)を買い、いざ入場。会場は涼しく、神秘的な音楽が流れている。あかりがなく暗い中、金魚鉢だけがライトに照らされている。

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

 夏休みということもあり、たくさんのお客さんが写真を撮っている(フラッシュ撮影は禁止)。しばらく進むと、七色に輝く大きな金魚鉢が! 近づいてみると、カラフルな金魚たちが泳いでいる。オレンジ、紫、ブルーの金魚が鮮やかだ。

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

 横長の水槽には、紅白のきれいな金魚。三角形の筒をのぞくと、泳ぐ金魚を万華鏡として見ることができる。

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展
 
 大きな広場に出ると、階段の上に超巨大な水槽! 「大奥」というこの作品、大きな水槽が10個以上集まって、3メートルもの高さになっている。金魚鉢界のキングスライムだ。紫、ピンク、ブルーのライトに照らされ、なんとも幻想的。ちゃんと金魚も泳いでいる。

日本橋のアートアクアリウム展

アートアクアリウム展の大奥

アートアクアリウム展の大奥

アートアクアリウム展の大奥

アートアクアリウム展の大奥

 壁に丸い窓がならび、多くの人が覗いている。何かと思ってみると、珍しい金魚たちが泳いでいた。僕が気にいったのは「ピンポンパール」という金魚。名前通りピンポン玉のようにまん丸で、その体型のせいか泳ぎが下手なのだ。でもそこがかわいい。

アートアクアリウムのピンポンパールという金魚

アートアクアリウムのピンポンパールという金魚

 頭が「もりっ」としている金魚は「白オランダ」。ちょっぴりグロいが、パクパクする口がユーモラス。金魚ってこんなに種類があるのかとビックリ。

アートアクアリウム展の白オランダ

 広場を抜けると「水中絵巻物」という、めっちゃ横長の水槽。コンピューターグラフィックスの上を金魚が泳いでおり、不思議だが美しい。

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

 最後の部屋には着物の形をした水槽(!)があり、美しい映像と金魚がコラボレーション。

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

金魚とアートが融合したアートアクアリウム展

 カラフルなライトに照らされた金魚というのは、初めてみたので驚いた。あとこんなに金魚にいろんな種類があるとは知らなかった。涼しげでインパクト大なので、ぜひ生で見て欲しい。

アートアクアリウム 2013
場所 日本橋三井ホール(コレド室町5F[入口4F])
開催期間 2013年7月13日(土)-9月23日(月・祝)/会期中 無休
開催時間 アートアクアリウム 11:00-19:00/ナイトアクアリウム 19:00-23:30
チケット(入場料) 当日:一般 1,000円/子供(小学生 以下)600円/3歳以下 無料 小学生以下 保護者要同伴
※最新の情報は直接アートアクアリウムへお問い合わせください

あなたにおすすめ!関連記事

コメント

  1. 雪花菜 より:

    初コメです(*^^*)
    きれいですね
    金魚大好きなのですごく行ってみたいです!
    もしかしたらあえてかも知れませんが金魚鉢が金魚蜂になってますよ

  2. 武田タケ より:

    雪花菜さん、ご指摘ありがとうございます!誤字を修正いたしました。