渋谷ヒカリエで所ジョージとビートたけしの世界に一台しかないスーパーカーを見てきた! たけしのポルシェ979kも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

たけしのランボールギーニ

 渋谷ヒカリエで所ジョージとビートたけしの愛車が展示されていると知り、早速行ってみた。たけしのポルシェ979kもあるらしい。渋谷ヒカリエ9階のホールに入ると、所ジョージが企画した驚きのモーターショー、「全日本マルトコ板金自動車ショウ」が開かれていた。

たけしと所ジョージの車コレクション

 会場に入ると、だだっ広いホールゴージャスな外車やバイクが展示されている。車体はピカピカに磨きあげられ、手の届きそうな距離で豪華なスーパーカーを見ることができる。

02

全日本マルトコ板金自動車ショウ

 どの車も所ジョージの手により、相当カスタマイズされている。たとえばスーパーカー「シェルビーコブラ」は、ハンドルを回しやすくするパワステはベンツの物、エンジンはシボレーの物を使っている。色んなメーカーの部品を付け替えて、世界に一台しかない所モデルにしているのだ。

シェルビーコブラ

 中でも驚いたのは、イタリアのスーパーカー「ランボールギーニガヤルド」。この車、元の色はブルーではない。車の持ち主が、全てブルーに塗りなおしたのだ。一体だれの車なのか? ヒントは会場で配られていたパンフレットにあった。

「謎の男」の天才的色彩感覚に生み出されたクオリティをご覧ください

この「謎の男」というのは、所ジョージの親友、ビートたけしだろう。映画監督である北野武といえば、美しいブルーの映像「キタノブルー」で有名だ。その「キタノブルー」で、ランボルギーニを染め上げてしまったのだ。近くでみても惚れ惚れする美しさ。

たけしのランボールギーニ

たけしと所は親友

 他の車たちもご覧いただこう。

「ポルシェ 979K」。たけしのリクエストで黒に塗りなおした、とても珍しいスーパーカー
ポルシェ979K

 元はベンツが作ったレーシングカー「snakemotors196RS」。たけしが所有しているとか
snake motors 196RS

 所ジョージが15年前にカリフォルニアで買った「ロードランナー」
たけしのロードランナー

「フォード F-150 HQ-1」
フォードF-150HQ-1

 所ジョージがフロリダの駐車場で見つけ、8000ドルで買った「フォード F-1 HOT ROD」
フォードF-1HOTROD

 他には所ジョージがつくったプラモデルのコーナーがある。細部までいろいろ手を入れていて、所ジョージの強いこだわりを感じる。よく見ると、こんな所にもたけしが(笑)。

所ジョージがつくったプラモデル

所ジョージがつくったプラモデル

04

 一生見られないような車を間近に見られ、面白かった。所ジョージの車やモノへのこだわりは、半端ではない。あと、こんな車を持てるなんて、やはり一流芸能人は金持ちだなあとしみじみ思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. MG名無しさん より:

    世田谷ベースで乗ってたやつだ>タケシブルーのガヤルド

  2. あーあ より:

    知ってたら行ってた(;_;)

  3. 今日はよい天気です。 より:

    知ってたけど行けなかった。
    snakemotorsのバイクの写真が欲しかった。

  4. ヒロユキ より:

    車好きには堪らない(^O^)