「あざらしおにぎり」をつくりたい

d7e40b4b[1]

 ネットであざらしの赤ちゃん写真をガン見していた。かわいすぎる……! このかわいさをどうにか伝えたい。ひらめいたのは、あざらしのおにぎり化であった。「あざらしおにぎり」をつくりたい。


23c1a91c[1]

 そうと決まればあとはにぎるだけ。材料はごはん、のり、スライスチーズ、マヨネーズ。まずはあざらしの形におにぎりをにぎる。手にごはん粒が大量にくっつき、イラッとする。落ち着け、先は長い。

IMG_9532

 おにぎりができたら、顔のパーツになるのりをはさみで切る。目、鼻、ひげの形に切る。どうせなら色々な表情を出したい。細かいのりのカッティングに、目のしょぼしょぼが止まらない。つぎにチーズをくり抜きあざらしの手をつくる。これでおにぎりに乗せるパーツがそろった。

IMG_9364

 おにぎりに顔のパーツと手を慎重にのせていく。のりは時間がたつと反り返るので、マヨネーズでくっつける。できた! ついに「あざらしおにぎり」ができあがった。

f5d3003c[1]

0e6bbf1c[1]

d7e40b4b[1]

55b9433c[1]

fa817517[1]

b07fc61b[1]

 あざらしたちは、思い思いの格好で寝そべっている。右上のは完全に寝ている。全体的に切ない表情になってしまい、胸がキュンとする。これから春の行楽シーズンにはぜひ、「あざらしおにぎり」を連れていってほしい。

あなたにおすすめ!関連記事