スーパーのとうふが重曹でとろっとろの湯どうふに変身!「とろける湯どうふ」が超うまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

重曹湯どうふ

 僕は今興奮している。それは近所のスーパーで買った98円のとうふが、とろっとろの激ウマ湯どうふに変身したからだ。

 この前京都で食べたおいしい湯どうふが忘れられず、なんとか家で再現したいと考えた。クックパッドでレシピを検索すると、くまのみさんの「究極の、とろける湯豆腐」というレシピを発見。これだ! と思い早速レシピを参考につくってみた。

「とろける湯どうふ」の作り方

 材料は絹ごしどうふ、油揚げ、こんぶ、水、そして食用の重曹(じゅうそう)。さいごに分かるがこの重曹のパワーがすごい。

重曹湯どうふの材料

 まずは鍋に水600ccとだしを取るためのこんぶを入れる。次にとうふ一丁を大きく6つに切り鍋に入れ、油あげも同じく6つに切り鍋に入れる。

 水が沸騰したら、重曹を6グラムを投入。すぐに弱火にして後はコトコト10分くらい煮るだけ。カンタンだった。

とうふと油揚げを切る

とうふと油揚げを鍋に入れる

鍋に重曹を入れる

 ここからがすごい。煮ているうちに重曹の力でとうふがとろっとろに溶けていくのだ。豆乳鍋のようにどんどん白くなる。いい感じにとうふが溶けたらたべごろだ。

重曹湯どうふ

重曹湯どうふ

重曹湯どうふ

 いっただきま~す! お気に入りのポン酢をつけてとうふを口に運ぶ。はふはふ。……うまいっ! とうふはぷるっぷるで、一瞬でとろける。これが本当に98円のとうふ? 信じられないうまさだ。

 次に油あげをいただく。とうふの変わりようにも驚いたが、あげのうまさに目玉が飛び出た。あげはうまみの詰まったつゆとポン酢をたらふく吸っており、なおかつとろっとろなのだ。何これうますぎる! ああ、皆さんにも早く味わってもらいたい。

とろける重曹湯どうふ

とろける重曹湯どうふ

とろける重曹湯どうふ

とろけるあげ

とろけるあげ

 寒い冬にもぴったりだと思うので、ぜひ試してほしい。重曹マジックに驚くこと間違いなし、うまさも間違いなし。くまのみさん、素晴らしいレシピをありがとう。

◇くまのみさんのオリジナルレシピ
究極の、とろける湯豆腐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする